欧米の人から見た日本 究極シンプル、ZENスタイル 


カテゴリ


[PR]



2004年07月01日(Thu)
欧米の人から見た日本 究極シンプル、ZENスタイル 

最近注目のインテリアスタイル、ZENスタイル。ZENスタイルはゼンスタイルと読み、禅スタイルと書きます。ZENとアルファベットで表現されているのには、意味があります。

ZENスタイルは、欧米人の目から見た「日本」のスタイルなのです。じゃぁ、和のテイストではないの?と思うのですが、そこはちょっと違うみたいです。私たち日本人が思う和は、民芸品や木のカグや色でいうと、藍色、抹茶色、明るい茶色。

ZENスタイルの特徴は、究極シンプル。
黒、白、こげ茶などをメインで使い、直線的なフォルムにこだわる。
そのお手本は禅僧の生き方、日本の寺院などからインスピレーションを受け、インテリアに応用しています。
そう、ヒット映画「ラストサムライ」で渡辺謙が書を書いていた部屋。
そんなイメージなのかな(?_?)

日本人の目から見てもとっても新鮮。
日本に住む外国の方の部屋を特集にした本なども発売されている、逆輸入インテリアスタイルなのです。