昔の枕、今のマクラ 安眠模索 


カテゴリ


[PR]



2005年10月23日(Sun)
昔の枕、今のマクラ 安眠模索 

今売られている枕って、昔と比べてちょっと低い印象はありませんか。大昔のお殿さまが使っているような高い枕のイメージとまでは大げさですが、ちょっと前まではけっこうボリュームがあるものが一般的だったように思います。形もさま変わりしていますよね。

以前は、全体が均一になったクッションタイプの平面的なものが多かったのですが、今発売されている枕は、頭の部分に合わせてフィットするボコボコとした立体仕上げのものが多くなっていますよね。もっと気持ちよく、もっと心地よく眠るために、研究に研究を重ねた結果、さまざまな素材や形状の枕が今発売されています。

その中で現在の枕のいちばんの注目素材、低反発ウレタンフォームを使用した枕は程よいフィット感とやさしい感触が人気のヒット商品です。低反発枕も、頭が触れる表面は波を打つような仕上げがされている商品が多く、より頭部にフィットする構造となっています。さらに進化した商品では、肩をサポートしてくれる肩こり対策構造のマクラも発売されています。

その低反発まくらの素朴な疑問。波の高い部分と低い部分、どちらを手前にして眠ったらいいのか?どちらも試してみたよ〜という方も多くいらっしゃるかと思いますが、低反発まくらのその大半は、ふっくらとした波の高い方を手前向きで使用していただくのが正解となるそうですm(_ _)m