個人的な日記(インテリア編)

インテリアコーディネート方法やインテリア家具情報の知識 雑学など
カテゴリ


[PR]



2004年10月09日(Sat)▲ページの先頭へ
東京ディズニーランドインテリア ミニーの家編

大スキな東京ディズニーランドに先日行ってきました。そこでこちら”インテリコーディネーターのブログ”にちなんで、園内トゥーンタウンにある”おうち”のインテリアについて記事にしたいと思います。

今回は「ミニーの家」。
白色の外壁にパープルの屋根が目印。窓が一つ一つ違った形をしていて、とにかくかわいーおうちです。

コロンと丸いシルエットのこのおうちに入ってみると、まず最初のお部屋は、リビングルームになります。そのお部屋にはグリーンのはっぱ柄ソファ、暖炉、ムーディなロココ調(?)のランプ、家具はダークブラウン色、と外観の印象とはちょっと違った大人っぽい感じのインテリア。カーテンのタッセルがリボン型の鮮やかすぎる青色だったので、もうちょっと渋めの色であっさりした形がいいのになぁ〜というのが正直なリビングルームの感想でしたm(_ _)m

次のお部屋はベッドルーム。ベッドルームは、ラブリーロマンチックスタイルの究極!のピンクルームです。ベッドとドレッサーの形がとにかくキュート。特に人気のおへやで、多くの方が写真をとっていましたねm(_ _)m

3部屋構成の最後のお部屋は、ダイニングキッチン。キッチン小物がとってもかわいいカントリー風の仕上げになっているお部屋です。オーブンや皿洗い機に触ってみると仕掛けがあって、ちょっと楽しいことが起こっちゃいます!?そのダイニングルームでの私がやたら注目して見ていたのが、天井。木に見せかけた凝ったつくりになっていて、見上げては写真、また見上げてジーとちょっとあやしい人のように天井ばかり見つめちゃっていました(>_<)

感じたことをツラツラ〜と書いてしまいました(>_<)
なんだかまとまってませんが、以上がミニーの家レポートに致しますm(_ _)m




2004年07月18日(Sun)▲ページの先頭へ
冬のソナタ インテリアチェック 今回はヨン様のお部屋のソファーコーディネートについて

今、7月17日再放送分の冬のソナタを見ました。このドラマは一度通して見たんですが、再放送されるとなるとやっぱりチェックしちゃっています。なんだかこちらのブログが韓国関連のお話が多くなってきたこの頃です。

今回の雑文は、ぺ・ヨンジュン演じるカン・ジュンサンの新居のインテリアについて。今回の回でヨンさまがとっても広くて素敵なお部屋にお引越しをしていました。なんだか、幸せっぷりがうらやましくなってしまうお引越しシーンだったのですが・・・。

そこでのインテリアの注目は、シンプルなデザインのベージュ色ソファにユジンが味付けをした濃紺クッション。いくつ置くの?と突っ込みたくなるほどの量のクッションをセンスよく並べていました。ベーシックなベージュ色のソファは特に、クッションの色使いでその表情は一変しますよね。ユジンコーディネートの濃紺や黒、茶などを置けばシックやモダンな印象に、トーンを明るくした水色やライトイエローなどは、シックとは全く逆とも言えるさわやかなシンプルクリアの印象に変わってしまうんです。また、冬ソナで使われていたソファーはちょっと奥行きが広そうだったので、座る人の奥行き調節にもクッションは一躍買ってくれそうです。

ジュンサンは建設会社の理事、ユジンはインテリアデザイナーという職業設定なので、美術セットやインテリアには気合いが入っていると思いますよm(_ _)mセンスの良さは脱帽です。冬のソナタはインテリアのお手本がいっぱいですよ。


2004年06月21日(Mon)▲ページの先頭へ
イームズ、ヤコブセン、ニッサン?のCM 気になったその車に試乗してきましたm(_ _)m

有名インテリアデザイナー、イームズ、ヤコブセンの椅子を使ったニッサンの車のCM。
あのチャチャラ〜(?)という音楽が流れると、つい条件反射のようにそのCMを見ちゃうんですよね。
私は、全く車の知識や関心が無く、車よりそのCMの椅子ばかりを見ていますm(_ _)mどうやらその車はニッサンの高級車ティエナのCMだと知ったのは、CMが流れ始めてからずいぶんたってのことでした。

先日ニッサンのお店に行く機会があって、その車に試乗させてもらったんですよ。

かの名作椅子をライバルにしたシートの座り心地はなかなか。直接触れる張り地がパールスエードという新素材だそうなんですが、シルクのような触感でとても気持ちよかったです。

そのCMに登場のヤコブセンには以前少しだけ触れたので
今度はイームズをご紹介しようと思っていますm(_ _)m

2004年06月11日(Fri)▲ページの先頭へ
お昼寝したくなるソファー

お気に入りのソファーに横になって、いつの間にかZZZ・・・。「ソファーは座るだけではあない!!」とよくソファーで昼寝をしてしまう私はそう思います。ちょっと横になって使うことも考えるなら、座面の広さと肘の高さにこだわってソファー探しをしてみるのもいいのでは?ソファーでの昼寝快適度もきっとアップです!



2004年06月10日(Thu)▲ページの先頭へ
アールヌーボとアールデコ

インテリアコーディネーターの資格試験勉強をするまで、どんな意味を持つ言葉か全く分からなかったアールヌーボとアールデコ。そういえば中高生時代、社会で勉強したような、しなかったような??

【アールヌーボ】
植物を思わせる曲線のデザインが特徴。

【アールデコ】
幾何学形態のデザインが特徴。




ソファ?クッション??

リビングアイテムで最近注目を集めているのがマルチに使えるクッション。大きめのクッションといった外見だけど、その使い方はソファと同じ。移動もラクラク、意外(?)に座り心地もラクチン。和室をリビングにする場合もこれならしっくり馴染みます。

中の素材にもいろいろ。主流素材がパウダービーズ。注目の低反発素材がはいっているものも発売されています。




2004年06月08日(Tue)▲ページの先頭へ
低反発ってきもちいい

低反発枕を愛用しています。私にとっては、相性抜群の手放せないモノになっています。
眠るとき、あのやわらかい感触に首まわりを包まれて、うっとりしているうちにいつもすぐスヤスヤ、グーグー。
私はよく寝返りを打つ方なのですが、朝起きるといつもうつ伏せや変な姿勢になっていて、以前はよく首がおかしな感じになっていたのですが、低反発枕に変えてからはそれが無くなったのはうれしいこと。うつぶせの時の、ほっぺにふれる感触ももうウットリっていう感じデスm(_ _)m




好きな色は何いろですか? 

インテリアでは、今までモダンやミッドセンチュリーの人気の流れから、焦げ茶や白、黒とすこしトーンが低めのカラーに注目がありました。けど、ちょっと重たい印象になりがちです。

季節は、春!ということで、フワフワしたイメージの優しい色のピンクにいま注目しています。最近、実は多いんですよ、ピンクアイテムがインテリアグッツでは。男性の方には、ちょっと敬遠されちゃいがちですが、クッションなどのアクセント的に取り入れることにより、空間にやわらかさがでてきます。モテモテ和み系マイルームを目指すなら、ゼヒ男性の方も!



インテリア、次のブームは・・・

インテリアの最近のブームといえば、イームズが火付け役の「ミッドセンチュリーモダンスタイル」。このところは、白木のナチュラルな家具やマリメッコなどの大きな花柄が代表的なアイテム、「北欧モダンスタイル」が注目のようです。この2つの流れは、しばらく人気が続きそうです。

そして、

「さて、これから何が流行るのだろう??」

今年のJAPANTEXのテーマにもある「和」のスタイルは、やはり今年のインテリアトレンドかなという気がします。ちょっと低めで、なんだか懐かしく、けどなんだか新しい。日本人が馴染み深いそのスタイルが海外で注目され、それがきっかけとなり国内に逆輸入。今の和には、低さがもたらすくつろぎ感や癒し効果をモダンなデザインと掛け合わせた新鮮さを感じます。この和ブームに母校が甲子園にでるような、なんだかそんな嬉しさを感じます。(表現がどうも違うカナ??)

2004年06月07日(Mon)▲ページの先頭へ
テレビはインテリアのお手本がいっぱい

テレビを見ていると、どーしてもその周りの空間コーディネートや美術セットに見入ってしまうんです。そして「あそこはこうした方がいいんじゃない?」と口出ししてみたり、「ホォ〜〜〜フムフム」とアイデアに関心したりして日々のテレビライフを楽しんでいます。最近、注目のテレビがナインティナインさんの番組「ナイナイサイズ」。よく、美術セットを変えていたり、使われているソファーがキュートでかわいいんです。そんな視点でテレビを見てみるのも、違った楽しみ方でおもしろいですよ。

インテリア家具好きのつぶやき

仕事柄、たくさんの家具に出会うのですが、「あっ、これいいなぁ」と思わず立ち止まってしまう家具があります。

そんな家具を見つめながら、自分だったら、こうして、あぁしてー・・・とコーディネートが頭の中にムクムク。そんなことがインテリアに携わる楽しさだなと感じています。イメージのお散歩って楽しいですよねm(_ _)m